読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くまのお母さんの物語

一人息子を亡くした、くまのお母さんの物語(ナラティブ)です。

もうご飯が食べられない

このツイートを見て、くまのお母さんは泣きそうになりました。

坊やは、もう、くまのお母さんの作ったご飯を食べることがないのです。

くまのお母さんは、二度と坊やに食べさせるためのご飯を作ることが出来ないのです。

仏壇に供えることはできるけど、今までみたいに、くまのお母さんの目の前でおかわりしてくれることもないのです。

 

こんな思いは、くまのお母さんの職場の、しかの保健師さんがわかるはずがないのです。

くまのお母さんがどんな思いで仕事に出ているか、言葉にしないといけないのでしょうか。

お察しくださいとは言わないけれど、何でもかんでも言葉にしないと認めないみたいな言い方は傷つきます。

 

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
にほんブログ村