読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くまのお母さんの物語

一人息子を亡くした、くまのお母さんの物語(ナラティブ)です。

その選択は、間違いです。

(今日はくまのお母さんはいません。)

 

とある納棺師のTwitterで時々つぶやかれる

「その選択は、間違いです。」

 

今朝もつぶやいていましたが、この方の「自死は選ぶもの」という認識を変えることは出来ないのだろうなと思いました。

これはあくまでも今生きている人へのメッセージ。

遺族に対するものではないのです。

 

しかし、自死遺族として「自死とは選ぶ性質のもの」という考え方に非常に違和感を覚えます。

選択肢が一つしかない中で、誰かに助けられる場合もあるでしょう。

私自身、死にたいと思ったことがないので、件の納棺師のつぶやきに心を動かされるかどうかはわかりません。

 

何故亡くなったのかということより、亡くなったという現実に向き合いたいと思います。

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
にほんブログ村