読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くまのお母さんの物語

一人息子を亡くした、くまのお母さんの物語(ナラティブ)です。

望郷じょんから

くまのお母さんは、ふとしたことで昔流行った演歌の動画を視聴しました。

坊やも冬が間近な都会の夜空を見上げて、こころが寒かったのかもしれません。

もうすぐ坊やが亡くなって1年になろうとしています。

普段は生活に追われることで涙に暮れることもないのですが、やはりこういう歌を聴くと泣けてきます。

辛さを堪えいい事ばかり手紙に書くのは、今も昔も変わらないのでしょうね。

と言いつつ、1周忌の計画を何も考えていないくまのお母さんなのでした。

 

明りを消して東京の空に叫んでみたよ

星が流れるこころも寒い

十九の青春を吹雪にさらし夜行に乗った

遠い昔の夜空が恋し

せつないよせつないねあの娘は夢ん中

 

涙で詫びてるかさねた不孝

帰るに帰れぬ土産もなしに

ふる里恋しや花いちもんめ

 

小泊港お岩木山よ花咲く頃は

船は夢漕ぐ鴎は騒ぐ

辛さを堪えいい事ばかり手紙に書いて

あれから幾つ何年過ぎた

帰ろかな帰りたいふる里夢ん中

帰ろかな帰りたいふる里夢ん中

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
にほんブログ村