読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くまのお母さんの物語

一人息子を亡くした、くまのお母さんの物語(ナラティブ)です。

無職な日々

くまのお母さんは仕事を辞めて2か月目です。

働かないって余計なストレス溜まらなくていいなーと思います。

くまのお母さんが生きてきた中で、今が何にも縛られない時間のような気がします。

どちらかというと時間は効率的に使いたいと思っているくまのお母さんなので、用事はなるべく時間を無駄にしないように工夫します。

しかし、それと何もしない時間、ぼんやり過ごす時間は別です。

ぼんやりする時間を確保するために、用事はテキパキと済ませたいと思います。

それは仕事をしていない今でも同じです。

とりあえず明日食べるご飯には困らないので、仕事をしない日々も満喫しています。

でも無駄遣いしないように毎日食べるパンは手作りして、水も汲んできて使います。

もっとも水を汲みに行くのに車を使うのでガソリン代かかるといえばそれまでですが、ミネラルウォーターを買うよりいいなという自己満足です。

自分のことだけ考えていればいいなんて、今まで殆どなかった気がします。

フルタイムで働いていた時は、家でご飯を作るのもままならなかったので、料理をするのが楽しいです。

坊やが大学生だった頃(そういう表現でいいのかな)は、子育てで一番お金がかかった時期でした。

JASSOから借りていた奨学金は返還免除になったし、雇用保険の再就職手当も受給できたので、坊やのお墓を建てる資金の足しにできました。

あとは、くまのお母さんの老後の暮らしを維持するために稼ぐことを考えましょう。

いつもいつも後回しにしてしまう片付けもやれる分だけを繰り返しましょう。

1年前の4月もくまのお母さんは無職でしたが、無職という状態に焦りを感じていました。

坊やのお墓も建てられたせいか、今は同じ無職でも気楽に過ごせています。

それでいいと思います。

坊やが旅行で巡ったところも行ってみたいなぁと思うくまのお母さんです。

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
にほんブログ村