読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くまのお母さんの物語

一人息子を亡くした、くまのお母さんの物語(ナラティブ)です。

誕生日

坊やの23回目の誕生日です。

都会で働いている坊やに

「誕生日おめでとう♪」

ってメッセか電話をするはずだったのになと、くまのお母さんは思います。

ご飯をしっかり食べて、ちゃんと眠ってねって。

仕事はどうかな?大変だろうけど、がんばろうって。

うちの会社の若手社員の男の子が3年で会社を辞めちゃったよ。

最後の1か月は、ほとんど出勤してなかったらしいよ。

どんだけ来たくなかったんだろうね。

辞めるのはアリだよね。

坊やも自分の能力を活かせる仕事はきっとあるんだよ。

なんて坊やと話したかったなと思う、くまのお母さんです。

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
にほんブログ村