読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くまのお母さんの物語

一人息子を亡くした、くまのお母さんの物語(ナラティブ)です。

坊やがいない2度目の冬

クリスマスが終わると、あっという間に年末の慌ただしさにまみれる気がします。

くまのお母さんの会社は今日から年末休業です。

よく晴れた空に冷たい風が吹く師走です。

坊やのバイト先の部長さんが都会からお墓参りに来たいと仰ってくださって、クリスマスのお休みの間に来られたらしいです。

1年経つけれど、こうして遠い田舎町に足を運んでくださることがありがたいです。

今日、坊やのお墓に寄ってみましたら、お花が供えてありました。

きっと部長さんでしょう。

ありがたいです。

冬になり気温も低いので仏壇に飾るお花も結構長持ちしています。

お正月が来るので、新しいお花に変えたいなと思うのですが、まだまだ綺麗に咲いています。

お花屋さんでアレンジメントを買って来てお供えしました。

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
にほんブログ村