読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くまのお母さんの物語

一人息子を亡くした、くまのお母さんの物語(ナラティブ)です。

帰省

坊やが都会の大学に進学してからは、長期休業中の帰省が楽しみでした。

帰省といっても何週間も実家にいるわけではなく、旅行に行ったりバイトしたり部活の合宿へ行ったりしていました。

お盆もくまのお母さんの家はあまり関係なく過ごしているので、お盆に合わせて坊やが帰省することもあまりなかったです。

坊やを連れて親戚の家に行くこともありませんでした。

 

坊やが帰省したら何を食べさせようかな、どこのお店で食事しようかな、新しいカフェが出来たから連れて行こうかなと考えるのが楽しみでした。

 

今年の夏は、坊やの仏壇や今度納骨するお墓に何をお供えしようか、坊やが喜んで食べていたものは何だったかなと考えているくまのお母さんです。

坊やのお墓が建つ墓地のそばにはハンバーガーショップがあるので、そこで坊やが好きだったフライドポテトやコーヒーを買ってお供えしましょうか。

 

仏壇に供える果物も、坊やが好んで食べた地元の産直のブルーベリーを毎朝お供えしています。

坊やのお気に入りのケーキ屋さんのケーキは、寒くなってから、そう1周忌の頃とかクリスマスにでもお供えしましょうね。

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
にほんブログ村