読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くまのお母さんの物語

一人息子を亡くした、くまのお母さんの物語(ナラティブ)です。

生き延びる

坊やはくまのお父さんにいじめられて育ちました。

坊やがいなくなったのは、それが影響しているとくまのお母さんは思っているのですが、世の中には親に殺されかけながらも生き延びる子もいるのですよね。

生き延びてほしかったなぁとくまのお母さんは思いますが、それは誰かと比べてうらやましく思っているんですね。

坊やが亡くなっても誰かと比べてしまうなんてダメだなぁと思います。

いいえ、坊やを育てていて誰かと比べたりしたことはそんなになかったと思います。

自覚していなかったと思います。

坊やは坊やのままでよいのです。

誰かが親に殺されかけても強く生き延びていても。

それでもやっぱり、生き延びる子がうらやましく思ってしまうくまのお母さんなのです。

そんなくまのお母さんでもいいよね。

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
にほんブログ村