読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くまのお母さんの物語

一人息子を亡くした、くまのお母さんの物語(ナラティブ)です。

過去のこの日

(今日はくまのお母さんはいません。)

フェイスブックに「過去のこの日」って出てきますが、設定で変えられるとFB友に教えてもらいました。

彼女は親御さんを亡くして1年になるので、そのときの感情を思い出すとしんどいとのことで。

なるほどと思い、私の場合はどういう反応が出るかわからないけれど、予防のために設定変更しておきました。

 

一方で息子の同級生のパパが娘さんの誕生日を祝う投稿をフェイスブックにしていました。

同級生のみんなは元気で活躍しているんですよね。

そんなきらきらした眩しい同級生たちをうらやましくも思いますが、息子が叶えられなかった未来の希望を思えば、これからも生き抜いてほしいと願うのです。

 

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
にほんブログ村