読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くまのお母さんの物語

一人息子を亡くした、くまのお母さんの物語(ナラティブ)です。

母の日

今日は母の日です。

くまのお母さんには、もう「お母さん」と呼んでくれる我が子はいません。

子どもが亡くなったお母さんにとって、母の日って何でしょう?

自分の母親に感謝をすれば良いだけのことでしょうか。

 

坊やは母の日だからといって、特に何をしてくれたということはありませんでしたが、世の中が母の日だって言っているので、くまのお母さんは複雑な思いがするのです。

 

ただ、坊やの遺書というか、走り書きには

「育ててくれて感謝しています。」

って書かれていました。

思いを言葉にすることに困難を抱えていた様子だった坊やが最期に伝えたかったことだと思い、くまのお母さんはそのことを支えにこれからも生きていきます。

 

たとえ、地べたを這いつくばってでも。

 

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
にほんブログ村