読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くまのお母さんの物語

一人息子を亡くした、くまのお母さんの物語(ナラティブ)です。

坊やへのメールに返事を書く

坊やが短期間だけ入っていたゼミの仲間からメールが届いていました。

Webメールで時々、チェックしているんです。)

「卒業記念コンパを開くから坊やくんもぜひ来てね!」

と、とっても陽気なメールでした。

くまのお母さんは、うれしいなぁと思いました。

彼女は坊やが亡くなったことを知らないのです。

本当に接点が少ないのに、誘ってくれてうれしかったです。

彼女にお礼のメールを書きました。

あぁ、またショックを受ける子が増えるなと思いつつ…

 

ほんの一時期しか坊やと一緒じゃなかったので、もっと話したかったと書いていました。

ほんとにね。

くまのお母さんも、もっと坊やと話したかったよ。

 

文部科学省が以前作成した「子どもの自殺が起きたときの緊急対応の手引き」という冊子がありますが、それにこう書かれています。

同級生が亡くなった子どものことを大切にしてくれることは、
遺族にとって意味のあることではないでしょうか。

本当にそうだなぁと、くまのお母さんは思います。

坊やのお友だちにどれだけ救われたことでしょう。

ありがたいです。

 

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
にほんブログ村