読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くまのお母さんの物語

一人息子を亡くした、くまのお母さんの物語(ナラティブ)です。

書類

坊やが亡くなったことに伴ういろいろな手続きがまだ終わりません。

期限のないものが手つかずになってしまいます。

書類を出すってことは、坊やが亡くなった現実に向き合わなければいけません。

それをくまのお母さんは、ぱっぱと終わらせることが出来ないのです。

 

ラジオを聞きながらブログを書き、ネットサーフィンをしているうちに、くまのお母さんは眠ってしまいます。

 

一昨日は、くまのお母さんの地区の町内会長さんが亡くなりました。

救急車で病院に運ばれたという話も聞きました。

坊やが亡くなってから、やたらと誰かが亡くなったという話に敏感になるくまのお母さんでした。

 

 

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
にほんブログ村