読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くまのお母さんの物語

一人息子を亡くした、くまのお母さんの物語(ナラティブ)です。

犬のおまわりさん

ある日の真夜中、都会の警察からくまのお母さんに電話が来ました。

坊やが亡くなったので、都会の警察に来てくださいと犬のおまわりさんは言いました。

くまのお父さんは、もう警察に来たと言ってました。

何が何だかわからないけど、現実なのか夢なのかわからないけど、しっかりしなければ。

朝一番の列車に乗って、くまのお母さんは都会の警察に行きました。

電話をくれた犬のおまわりさんは、親切でした。

坊やが亡くなったことについて説明をしてくれて、これからのことについても親身になって話をしてくれました。

つらすぎて泣くことすらできなかったくまのお母さんは、犬のおまわりさんの親切な対応に救われる気持ちがしました。

 

 

 

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 自死遺族へ
にほんブログ村